ハゲ克服ブログ

発毛の為に頑張っております。

ミノキシジルの外用薬と内服薬ミノキシジルタブレット(ミノタブ)

ミノキシジルとはもともと血管拡張剤(高血圧の経口薬)として開発された成分ですが、後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見ました。

1980年代に世界で初めて認可された脱毛症の治療薬になります。

世界90か国以上で承認されており、アメリカをはじめとした世界中の多くの国の人が使っている育毛剤に配合されている成分です。

アメリカでは、ロゲインやカークランドといったものが有名ですが、日本でも、市販薬ではリアップなどがミノキシジル配合の発毛剤(第一類医薬品)として国内で認可されています。

ミノキシジルには、リキッドタイプ(外用薬)のほかに経口タイプ(内服薬)のミノキシジル(ミノタブ)があります。

 

f:id:participantlinks:20181221005759j:plain

ミノキシジル


ミノキシジルの効果

 

ミノキシジルは毛母細胞に直接働きかけ、血流を増やす作用があります。
血流を増やすことにより、毛根に栄養が多くいきわたり、髪の成長を促します。
ミノキシジルを単剤使用した場合は、すでにある毛根に対しては成長を促しますが、産毛を生やすという作用は多くありません。
髪の成長を最も効果的に促進するにはミノキシジルとフィナステリドまたは、デュタステリド の併用するのが最も効果的です。
ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、外用薬については薬局でも購入できますが内服薬については通常の医療機関では取り扱いをしているところは少ないですが、個人輸入で入手可能です。

 

血管を拡張して血流を改善

 

ミノキシジルは、その血管拡張作用により、脱毛スイッチが入ってしまった毛根や収縮した血管の再生を促し、髪の毛を製造する毛乳頭細胞や毛母細胞へより多くの栄養素や酸素を行き届かせます。
従って、AGAで弱った髪だけではなく、円形脱毛症のほか殆どの脱毛症に効果を発揮すると言われています。

 

発毛シグナルの産出

 

ミノキシジルには、毛母細胞の分裂を促し、育毛・発毛を促進する発毛シグナルのインスリン様成長因子1(IGF-1)や血管内皮細胞増殖因子(VEGF)の産出を促す作用があるとされています。

 

毛母細胞の死滅を抑制

 

ミノキシジルには毛母細胞の死滅(アポトーシス)を抑制して髪の毛が成長期から退行期へ移行し、脱毛を予防、発毛を促進する作用があります。

ミノキシジルは主にこれらの3つの作用で発毛・育毛を促進しますが、その効果は、日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版でも推奨度A(行うよう強く勧める)と評価されています(但し、内服薬については、D(行うべきではない)です)。

 

ミノキシジルの副作用

 

ミノキシジルを外用薬として利用した場合、最も多い副作用としては「頭皮のかゆみ」があります。その他には、その因果関係が明らかになっていないものの、
・頭皮の発疹・発赤
・頭皮のかぶれ、フケ、使用部位の熱感等
・頭痛、めまい、気が遠くなる
・胸の痛み、心拍が速くなる
・体重増加、手足のむくみ、
接触皮膚炎、湿疹、脂漏性皮膚炎
などの症状が副作用として確認されています。

尚、ミノキシジルの含有量が多いほど、副作用の発生するリスクも高まります。

ミノキシジルを内服薬として利用した場合はその効果も高くなりますが、副作用もさらに強くなります。

ミノキシジル内服薬の主な副作用としては、
その因果関係が明らかになっていないものもあるものの、
・低血圧
・反射性高血圧
・全身の多毛症
・手足のむくみ
・頭痛、めまい、ふらつき、動悸、息切れ
・赤ら顔、皮膚の潮紅
・性的不能、勃起障害
などの副作用のほか、腎性全身線維症(腎不全、皮膚の硬化、関節拘縮をきたし、身体機能障害に陥る病気)、高カリウム血症、多臓器不全等重篤な副作用のリスクもあるとされています。

もともと降圧剤として開発されたものですが、循環器系への副作用が強いため降圧剤としても使用されなくなった経緯があります。

また、耐性の問題もあります。耐性(薬剤耐性)とは、生物が、自分に対して何らかの作用を持った薬剤に対して抵抗性を持ち、これらの薬剤が効かない、あるいは効きにくくなる現象のことです。
ミノキシジルについて耐性が確認されている訳ではありませんがその可能性はないとは言えないのが現状です。

薄毛改善や育毛ケアも大切なことではありますが、心身の健康に関する副作用やリスクがあるのでは問題です。

 

個人輸入で購入

 

上記リスクを理解した上でミノキシジルやフィナステリドまたは、ディタステリドを自己責任で個人輸入することは可能です。

但し、個人輸入には一定のルールがありますのでルールに従って個人輸入する必要があります。

現在では薄毛改善に安心安全な成分が開発されており、上記のような副作用やリスクがない商品も多数販売されていますので、購入前にはその点をしっかりチェックしてから使用することが重要といえます。

 

 ※ハゲ克服必須アイテム

AGAのメカニズムは科学的に解明されており、AGAの進行を遅らせる治療薬フィナステリド(プロペシアまたは、ディタステリドと発毛させる治療薬ミノキシジルによりハゲが克服できます。

 

▼フィナステリド

フィナステリド(finasteride)は、アメリカメルク社が開発した抗アンドロゲン薬です。2型5-α還元酵素を阻害して、男性ホルモンテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に転換されるのを抑制します。 
低用量(0.2または1mg/day)で、男性型脱毛症(AGA)に対して脱毛抑制効果を認め、プロペシア(Propecia)の商品名で多くの国で発売されています。

プロペシアの日本での特許は2015年に切れており、後発品(ジェネリック)が発売されています。

 

プロペシア

AGAは進行性で、放っておくと薄毛が進んでいきます。

それを抑えるのがフィナステリドを有効成分とするプロペシアです。

プロペシアはDHTの産生を抑え、抜け毛を減らしAGAの進行を抑えます。

 

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼

フィンペシア1mg

フィンペシア(Finpecia)1mgは、フィナステリドを有効成分とするプロペシアジェネリック薬です。

プロペシアと有効成分量は全く同じです。

プロペシアから乗り換えることで、ランニングコストを下げながらAGA治療が行えます。

 

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼

 

▼デュタステリド

デュタステリドはGSK(グラクソ・スミスクライン社)が開発した医薬品アボルブの有効成分です。
もともとは前立腺肥大症のために開発された薬でしたが、このデュタステリドがAGAに効果があることが分かりました。
その後、デュタステリドは、プロペシアの有効成分であるフィナステリドよりもAGAの原因物質である男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」を効果的に抑制することが発見されました。

また、近年男性型脱毛症を効能・効果とする、AGA新薬ザガーロとして日本でもGSKが販売を開始しました

AGAの原因物質のDHT(ジヒドテストステロン)の産生を促す5α-還元酵素にはⅠ型とⅡ型があります。
デュタステリドはこの5α-還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方の働きを抑える事ができます。

 

アボダート(デュタステライド)

 アボダートとは、イギリスのグラクソ・スミスクライン社が販売している製品で、 もともと、前立腺肥大症の治療を目的としてFDA(アメリカの食料医薬品局)に承認されたものです。
現在はAGAに対してプロペシアなどのフィナステリド剤よりも効果が高いとされています。
アボダートの有効成分であるデュタステライドは、脱毛の最大の原因である5α-リダクターゼを抑える働きを持つものです。
プロペシアミノキシジルもそうですが、実は、5α-リダクターゼにはI型とII型があり、プロペシアなどは、II型を抑える働きしか持っていません。
これが、プロペシアが100%発毛しない原因の一つであると言われています。
ところが、アボダートの主成分であるデュタステライドは、I型とII型のどちらも同時に抑えることができるのです。
そのため、プロペシアの成分であるフィナステリドよりも強力であり、最近発売された育毛剤や発毛剤のなかで、 その期待度、効果の点において、共に群を抜いています。

 

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼

 

 

ミノキシジル

ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張薬として開発された成分です。

後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用され、日本以外ではRogaine(ロゲイン)の商品名で売られています。

日本ではミノキシジル成分の医療用医薬品が未発売ですが、大正製薬一般用医薬品として開発を行い1999年からミノキシジル成分1%のリアップとして発売しました。
2009年にはミノキシジルを5%配合したリアップX5が発売しました。
また、2017年にはミノキシジル5%に加え、皮脂の分泌、酸化を抑え、頭皮の炎症を抑える効果がある成分(ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール)を配合したリアップX5プラスローションが発売しました。
なお、リアップ発売前から現在までリアップよりも主成分が濃厚で廉価である理由でロゲインの個人輸入も多く行われています。

 

・リアップX5プラス

リアップX5プラスは、大正製薬が製造販売しているミノキシジルを配合した発毛剤です。
大正製薬からはリアップシリーズとして、ミノキシジルを配合した発毛剤を数種類発売しているのですが、リアップX5プラスはその中でも最もミノキシジル5%と多く含まれていて、効果の高いとされる商品になります。
ミノキシジル厚生労働省がその発毛効果を正式に認可している成分で、医薬品です。リアップX5プラスは、その医薬品成分を含有した商品ですので、日本で唯一、発毛剤と言える商品です。

 

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼

 

 

・リグロースラボM5(ミノキシジル5%)
髪・頭皮のメカニズムを紐解き、毛髪にまつわる悩みを解決するリグロースラボの育毛剤です。
リアップX5プラスと同じ有効成分のミノキシジルを5%含有してます。

値段は、リアップX5プラスの半分以下で購入できます。

 

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼

 

 

・ロゲイン

ロゲインのミノキシジル配合量は5%でリアップX5も5%と濃度は全く同じです。
リアップについて調べてみると、目についてくるのがロゲインというものです。
これは簡単にいえばリアップの海外版であり、また元祖と言えるものです。
ミノキシジルに発毛効果が認められ、本格的に研究が進められた後、アメリカで初めて販売された発毛剤がロゲインです。
ミノキシジルを5%含有した海外の発毛剤でロングセラーを誇る大ヒット商品です。

 

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼

 

 

・カークランド(Kirkland)5%

カークランド製のミノキシジルは、世界的に有名な発毛剤・育毛剤ロゲインのジェネリック品として、ロゲインと同じようにミノキシジルを5%配合しております。

商品に付属しているスポイトを使い、1回1mlを気になる患部に直接塗り、指でマッサージします。

これを一日2回(朝・夜)行うと効果的です。

 

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼

 

 

ミノキシジルタブレット2.5mg
ロニテンのジェネック薬として知られるミノキシジルタブレットです。

外用薬と比べ、内服で体内から働きかけるため細胞への吸収率が高く即効性があることが特徴で、外用薬との併用でより効果を発揮するとされています。

ミノキシジルタブレット医薬品の中でも品質の高い製品として利用されています。

 

▼こちらから安く手に入れることが可能です▼

 

 

日本皮膚科学会ガイドライン

▼行うよう強く勧める【ランクA】 
【A】 フィナステリドの内服
【A】 デュタステリドの内服
【A】 ミノキシジル外用

▼行うよう勧める【ランクB】
【B】 自毛植毛術
【B】 LED および低出力レーザー照射
【B】 アデノシンの外用

▼行ってもよい【ランクC1】
【C1】 カルプロニウム塩化物の外用
【C1】 t-フラバノンの外用
【C1】 サイトプリンおよびペンタデカンの外用
【C1】 ケトコナゾールの外用
【C1】 かつらの着用

▼行わないほうがよい【ランクC2】
【C2】 ビマトプロストおよびラタノプロストの外用
【C2】 成長因子導入および細胞移植療法

▼行うべきではない【ランクD】
【D】 ミノキシジルの内服
【D】 人工毛植毛術

  

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

にほんブログ村 発毛・育毛


育毛・発毛ランキング

 

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ